夜裡總是寂寞的..

 

特別是在雨不停的夜裡

 

怕寂寞的人

 

唯有閱讀不寂寞

 

我在思想幻化的故事裡

 

故事有真有假..

 

真實是什麼...

 

就像世上的常理

 

數人認同的就是真嗎?

 

我喜歡留點保留

 

這樣空間就也出現了


 


 

閱讀故事裡的一小段

もし誰かが何百万も何百万もある星のどれかひとつの星にある、ひとつの花を好きだったら、それだけで彼は夜、星空を見てこう思って幸せになれる。『僕の花はあの何処かに... 』 でも、もし羊がその花を食べてしまったら、彼はすべての星が突然なくなってしまったかのような気持ちになってしまうんだ!なのに、それは大切な事じゃないの!

                   ──《星の王子さま》
 

創作者介紹

Coolfeather

Coolfeather 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()